会社概要

壽グループは、壽ホールディングス株式会社を持株会社として、水処理装置・プラントの設計、開発、製造、施工を担う壽化工機株式会社、製造が中心の壽工業株式会社と共に、水処理を通じて水と地球環境に貢献しています。

経営理念

「世のためにやりゃー豊かになる」

  1. 1水処理を事業の柱として世のため人のために役立つ、商品・プラント・サービスを提供する。
  2. 2「やりゃーできるに」を社是とし、何事にも可能性を追求する。
  3. 3全社員の物心両面の豊かさの向上を目指す。

三つの感謝わが社の3K

  1. 1お客様に対する感謝「実るほど頭を垂れる稲穂かな」
  2. 2仕入・外注先に対する感謝「いい物を安く提供して頂くこと」
  3. 3社員同士の感謝「前工程の人に感謝、後工程の人への心配り」

会社概要

商号 壽ホールディングス株式会社
所在地 〒467-0012 名古屋市瑞穂区豊岡通1-14
Tel(052)851-9211 Fax(052)853-8800
設立 平成23年10月16日
資本金 300万円
商号 壽化工機株式会社
所在地

本社

〒467-0012 名古屋市瑞穂区豊岡通1-14
Tel(052)853-2361 Fax(052)853-3701
E-mail jimuka@kotobuki-grp.com

東京支店

〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-7-2
Tel(03)3665-1021 Fax(03)3665-1023

群馬営業所

〒373-0812 群馬県太田市東長岡町1691-1
Tel(0276)45-7224 Fax(0276)46-5139

福岡支店

〒810-0012 福岡市中央区白金1-6-9  105号
Tel(092)524-1861 Fax(092)524-2006

環境化学研究所

〒467-0012 名古屋市瑞穂区豊岡通1-14

代表者 代表取締役 佐藤淳平
設立 昭和42年6月1日
資本金 8,000万円
関連会社 壽ホールディングス株式会社
壽工業株式会社

沿革

昭和42年 6月 壽工業株式会社の水処理部を継承独立。
創業者:伊丹 惣三により、壽商事株式会社として設立。
東京都港区に営業拠点を開設。
昭和44年 12月 全自動脱色精製装置を開発、販売開始。
昭和45年 8月 ホテル総合排水処理装置を完成。
昭和46年 3月 東京支店を、中央区に移転。
9月 群馬県太田市に営業拠点を開設。
ウォーマー汚水処理装置(活性汚泥法)を開発、販売開始。
11月 製鋼排水処理装置7,200m3/日完成。
昭和47年 2月 環境科学研究所を設立。
用水・排水の水質分析及び公害防止装置の研究開発をはかる。
12月 全自動重力式三次処理装置31,680m3/日完成。
昭和48年 1月 「壽化工機株式会社」と社名変更。
昭和49年 9月 試験・研究機関排水の集中処理プラントを完成。
昭和50年 11月 接触酸化方式の三次処理装置「バイオルター」を開発、販売開始。
昭和51年 3月 井水中の硝酸性窒素を除去する脱硝装置を完成。
4月 計量証明事業場認可、登録番号、愛知県283号。
11月 逆浸透装置による有機系排水処理装置完成。
昭和53年 4月 研究業務拡大の為、名古屋市瑞穂区豊岡通1-14に環境化学研究所を設置。
9月 高速沈殿ろ過装置「フロックセパレーター」開発、販売開始。
12月 病院・医療用廃液処理装置の販売体制を強化。
昭和56年 2月 高度生物処理設備「ビーオーダー」完成。
3月 RI(放射性同位元素使用機器)排水処理設備完成。
4月 福岡市博多区に営業拠点を開設。
昭和57年 4月 IC(半導体)工場排水処理設備完成。
8月 逆浸透装置の開発・規格化。
10月 家庭用浄水器「超健水」を発売。
昭和60年 6月 尾張工業用水処理設備完成。
昭和61年 4月 クーラント排水処理装置を完成。
昭和62年 6月 ビル汚水中水道設備完成。
平成2年 3月 モナス排水処理設備アクチタワー完成。
平成3年 2月 インドネシアにおいて塗装排水処理設備を完成。
2月 減圧蒸留方式による濃縮装置完成。
6月 インドネシアにおいて染色排水処理設備完成。
平成4年 6月 台湾において排水処理装置完成。
平成5年 12月 スペインにおいて自動車製造工場総合排水処理完成。
平成6年 2月 本社屋を名古屋市瑞穂区豊岡通1-14に完成。
3月 中国において染色排水処理設備完成。
平成7年 4月 感染性廃液処理装置完成。
平成8年 4月 パキスタンにおいて排水処理設備完成。
平成9年 3月 ナゴヤドーム雨水再利用設備完成。
5月 タイにおいてゴミ焼却場純水・排水処理装置完成。
平成10年 7月 災害対策用に非常用飲料水装置完成。
平成11年 9月 AOP(紫外線促進酸化装置)を組込んだ完全再利用型排水処理装置完成。
平成12年 5月 電解除菌水装置「フォクラー」を完成。
平成13年 9月 関東地区工場跡地において土壌汚染改良装置の導入を開始。
平成14年 3月 ダイオキシン処理設備を完成。
平成16年 3月 浸透印(ネーム印)自動組立装置完成。
平成16年 4月 食塩含有排液濃縮装置を完成。
平成18年 2月 VOC(揮発性有機化合物)処理システムを完成。
平成18年 9月 水溶性切削油排液の浸漬膜処理システムを完成。
平成19年 9月 アンモニアストリッピング・触媒分解装置を完成。
10月 硝酸アンモニウム回収装置を完成。
11月 伊丹 勝司、代表取締役社長に就任。
代表取締役会長には、伊丹 惣三が就任。
平成22年 6月 医療用新薬のAOP処理(紫外線促進酸化)を完成。
平成23年 9月 コンクリートアルカリ含有排水の浸漬膜ろ過+イオン交換による再利用設備完成。
平成23年 10月 資本移転により、壽ホールディングス株式会社の子会社となる。
平成24年 8月 医療用抗がん剤のAOP処理(紫外線促進酸化)を完成。
平成27年 11月 佐藤 淳平、代表取締役社長に就任。
代表取締役会長には、伊丹 勝司が就任。

水処理のパイオニア

水処理ひとすじに研究、開発を続けて60有余年。きれいな水づくりを目指して独自の技術を磨きつつ、今日みなさまのご要望に応え、ご信頼をいただくまでに成長いたしました。
生活に必要な飲料水、工場で必要となる工業用水から排水、汚水処理、また雨水再利用、排水リサイクルなどあらゆる水処理に対応する総合メーカーとして日々技術の向上に努め、水処理のパイオニアとして水と地球環境に貢献してまいります。

Copyright Kotobuki Kakoki Ltd. All rights reserved.